税金関係のことなら全てベンチャーサポートにお任せ

独立のために行うこと

店舗

確実に進めていきましょう

飲食店や物販店など、新たに店舗を開業し個人事業主としてスタートさせるまでには様々な準備が必要になります。一国一城の主としてお店を構えるためにも、物件選びや届出手続きなど、重要な事柄をしっかりと押さえておきましょう。物件選びや備品の購入などは真っ先に思いつく事柄ですが、まずは何といってもお店のコンセプトを固めることが店舗開業の第一歩です。どのような客層をターゲットにするか、また飲食店や物販店に共通して言える価格帯の設定などは、ともすると見落としがちになります。コンセプトはお店の方向性を決定する大切な作業になるので、慎重に考えておくことが求められます。店舗開業のためには資金調達も行わなければなりませんが、これは店舗として使用する物件の費用によって金額が変わってきます。そのため店舗物件は予め見定めておき、不動産会社ともしっかりと話を詰めておきましょう。物件選びは営業利益に関わる重要な事柄となるため、業種やターゲットとする客層などと兼ね合わせながら立地を見定める必要があります。不動産業界では現在、費用を抑えて始められる居抜き物件も豊富に出回っているので、店舗開業の資金を抑えたい場合は居抜き物件の選択も良いでしょう。店舗設備全般の態勢が整ったら、開業届を提出することになりますが、そのほかにも各所に届出が必要になります。業種によって届出先も違ってきますが、飲食店の場合は保健所や警察署などへの届出も必要になるので、スムーズな店舗開業のためにも確実に手続きを行いましょう。

Copyright © 2017 税金関係のことなら全てベンチャーサポートにお任せ All Rights Reserved.