税金関係のことなら全てベンチャーサポートにお任せ

立地の種類で客層がかわる

お店

駅型と郊外型どっちがいい

心斎橋の貸店舗には、様々な種類があります。まず、心斎橋で貸店舗を探す時、駅前型にするか郊外型にするかで、通う客層が変わります。駅前型は、駅から数分の距離にある貸店舗を指します。駅前は、周辺にビルが多いので、ビルイン型ともいわれます。駅前型の貸店舗は、周りの公共施設、会社、男女の比率など、店舗を借りるまえにリサーチしておきましょう。メインターゲットを決めておくために、事前調査は大切です。駅の利用者を観察してから物件を選びましょう。時間をずらして、何度も行ってみることをおすすめします。郊外型は、国道沿いにあったり、生活道路の近くにある、交通量の多い土地にある貸店舗をいいます。お店の種類にもよりますが、一見さんや、グループでの来店が多いです。ロードサイド型ともいわれます。車で来客するのがメインとなるため、借りる前に、車で周辺を探索してみましょう。駐車場の入りやすさも重要です。また、郊外型は「この先にお店がある」というのを気付いてもらわなければいけません。お店の看板を設置する位置も大切です。気付きやすく、入りやすい場所に看板や広告を出しましょう。心斎橋を地図で見てみると、より広範囲の、道路の構造や、周辺の立地がわかります。心斎橋内で貸店舗を探す場合、まずは開業したいお店の客層や、メインターゲット層を絞っておくと、最適な土地がみつかります。どんな土地であっても、利点や欠点は存在するので、欠点を補う対策を練っておきましょう。

Copyright © 2017 税金関係のことなら全てベンチャーサポートにお任せ All Rights Reserved.